Nゲージ徒然記

所有車両のメーカー率とカプラーの話

さて、本日は私の所有する車両のメーカー率を比較とそれにまつわるカプラーのお話です。

記事の情報は2020年6月14日の情報です。

蒸気機関車

まずは蒸気機関車のメーカー率から

C57-177マイクロエース

9600 KATO

C57-103 KATO

C62-17 KATO

C53-43 マイクロエース

他に外国型一両です。

40%マイクロエース、60%KATOって感じですかね。

蒸気機関車は、TOMIXがまだ新規参入していなかった時期に集めていたのもあり、KATOとマイクロエースが多いですね。

初めはマイクロエースを買っていたのですが、蒸気神サイトでKATOのプロポーションが良いことを知ってからは、KATOに切り替えたという感じです。

ディーゼル機関車

続いてディーゼル機関車です。

C-typeディーゼル TOMIX

DD51-756 TOMIX

DE10-1542 TOMIX

DD51-1 マイクロエース

TOMIX75%、マイクロエース25%ですね。

なぜかKATOは0です。KATOのDD51を買おうとずっと思ってるのですが、未だに買っていません。

電気機関車

最後は電気機関車です。

EF57-11 KATO

EF58-31 KATO

EF58-16 KATO

EF58-18 KATO

EF58-4 KATO

電気機関車は全てKATOでした。

旧型電機がストライクゾーンなのですが、マイクロエースの製品は、KATOが後発で出すと大幅に見劣りしてしまうことや、最近はKATOがマイナーな機関車も出し始めたことから、KATOが出るまで待つか、とマイクロースの製品を買わずに気長に待っています。TOMIXは旧型電機はほとんど出していないですしね。

総計

TOMIX 3両、KATO 8両、マイクロエース3両

って感じでした。やはりKATOが多いですね。

やはりカプラーの問題か?

振り返ってみて思うのはやはり

カプラー

の問題が一つあると思います。当方の機関車・客車・貨車は

KATOカプラー

を標準カプラーにしているんですね。

そこでKATOの製品なら、無加工で簡単にポン付けできるんです。マイクロエースの製品も同様にポン付けできます。

ところがTOMIXはそういうわけには行きませんでした。

というのも昔TOMIXは

Mカプラー

なるものを装備していて、KATOカプラーがポン付け出来なかったんです。

MカプラーをKATOカプラーに取り換えるには、Mカプラーをそっくり外して、残った台座にKATOカプラーをゴム系接着剤で取り付ければできるんですが、

高さ合わせが面倒

でした。まぁそういう安易な理由で、TOMIXの機関車はこれからもあまり増えないかもしれません。

カプラーでっていうのは新たな商売方法

になりうるのかもしれませんね。

関連記事

  1. Nゲージ徒然記

    Nゲージを売る話 ~リセールバリューは高かった~

    さて本日は、Nゲージを売った時の話をブログの記事に上げてみようと思う。…

  2. Nゲージ徒然記

    ヤフオクでの失敗談 70系編

    さて本日はヤフオクで失敗した小話を一つどうぞ。記事の情報は20…

  3. Nゲージ徒然記

    Nゲージ 保管派?走らせる派?

    本日はNゲージを静態保存して保管するか、それともガンガン動かして運転す…

  4. Nゲージ徒然記

    20m x 16両のレイアウト(妄想)

    さて本日は20m級の車両を16両収容可能なレイアウトを妄想で作成してみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    OPPO Reno A ちょうどいいのかもしれない
  2. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    Sony Xperia XZ2 vs Huawei Nova 3 ガチンコ対決
  3. 未分類

    リアフォグランプの有用性について まとめ
  4. 購入レビュー

    Freetel Priori4 購入レビュー
  5. 購入レビュー

    JBL GO2 Bluetooth スピーカー 購入レビュー
PAGE TOP