EL

KATO 旧製品EF57 オススメの一台

本日はKATOの旧製品品番3003のEF57を紹介しよう。

旧製品ながら現在の目で見ても驚異的な走行安定性を誇り、それゆえ自分のお気に入りの一台であるEF57である。

記事の情報は2020年6月6日の情報です。

KATO EF57 旧製品 写真

KATO EF57 正面

KATO EF57 側面

パンタグラフが飛び出しているのがEF57の特徴です。東海道線静岡付近の線路をオーバークロスする道路橋に低いものがあり、最低架線高さを保つため、施設側を改修するのは難しかったことから、EF57の車体側で直すことになり、現在の飛び出したパンタグラフになったそうです。(4)パンタグラフの間隔が広いと、架線の押し上げ量が小さくなるので合理的と言えます。

KATO EF57 正面 デッキが傾いているように見えますが、こういうものです。

KATO EF57 側面

KATO EF57 旧製品だけどおすすめできる

この記事で紹介しているのはKATOEF57の旧製品(品番3003)である。(品番303の方ではない。品番303は持っていないので良いかどうかは分からない)

2012年にEF57自体リニューアルされていてそのリニューアル品が出ている中、敢えて旧製品のEF57の紹介記事を書くのは

旧製品のEF57がオススメできる

からである。この記事では旧製品のEF57の良さを少しでも伝えられればと思う。

旧製品のKATO EF57 集電が抜群に良い

まずKATOEF57旧製品の特徴なのだが、本体の重量が

125g

と重いことだ。手に取ってもずしりと重さを感じるほど。

Nゲージでは重いほうが、集電面や牽引面で有利であるのだが、新しくなったEF57は蒸気神サイトによると75g(1)とのことであり1.6~1.7倍程重い計算になる。また集電軸は外から見た限り、5軸であり、電車の1.7倍強い計算になる。

また、自分のEF57はNゲージに触れていない間もあり、

10年間全く動かしていなかった

のだが、10年振りに運転した際でも、

10年間動いていなかったことを全く意に介さず

ずんずんスローを効かせながら進み、驚いた経験がある。

また線路が汚れていて、2軸集電のキユニ01や、TOMIXの旧製品のDE10などが止まったり動いたりを繰り返している時でも

旧製品のEF57は何事もなかったように

ずんずん進むのである。やはり

Nゲージは走ってナンボ

なので、この旧製品のEF57は自分のお気に入りの一台な理由なのである。

旧製品のKATO EF57 スローが効く

Nゲージのスローが効く、効かないはパワーパックとの相性もあり、使っている環境に左右される部分もあるのだが、

当方のパワーパックはTOMIXのN-500という20年位前の製品で、現在のN-600の2世代前のパワーパックをいまだに使っている。

このN-500というパワーパック、ぶっちゃけた話あまりスローが効かないのではないかと勝手に思っているのだが、

この所有しているEF57はこのN-500のパワーパックでも

スローが効く。それもむちゃむちゃ効く

のである。Nゲージでもラビットスタートは興醒めするものなのだが、このEF57はスローが効きくのである。

ちなみにだがこの旧製品3003のEF57は

フライホイールが付いていない

んですよ。それでいてこのスローの効き具合と、集電安定性を実現しているあたり

KATOってすごい

って本当に思うのである。

旧製品 KATO EF57 ディティール面は?

旧製品のKATO EF57の上からみた写真である。写真では避雷器が別部品になっておりアクセントとなっている。

ディティール面では新製品は屋根が黒色になっていたり、細かい印刷がされていたりとあるのだが、

ぶっちゃけた話、旧製品も悪くない

というのが私なりの見方。

ただし、縮尺は1/150より少し大きいのでそこを気にされる人はいるかもしれない。

まぁ走らせてみればあまり気にならない

ものではある。

EF57 が似合う編成を少々

ここではEF57が牽引してきた編成を三つほど。旧製品・新製品問わず、KATOのEF57は電気暖房が搭載された東北線時代のものであるのだが、Nゲージおおらかに楽しむとして、東海道線時代のものも挙げてみました。

東海道線時代 つばめ

EF57といえばやはり東海道線時代のつばめが挙げられます。戦後EF58が登場していましたが、蒸気暖房を搭載していない、信頼性に欠ける等の理由で、戦後間もない間はEF57が牽引していました。編成表は

EF57+スハニ35+スハ44+スハ44+スハ44+スロ53+スロ53+マシ35+スロ53+スロ53+スロ53+マイテ39(or マイテ49 or マイテ58)

スロ53はスロ60やスロ54で代用しても良いと思いますので、KATOの市販のつばめセットがそのまま使えると思います。(間違ってたらゴメンナサイ)

東北線時代 急行八甲田

EF57といえばこちらの急行八甲田が有名ですよね。編成表は(2)

EF57+オユ10+ワサフ8514+スハフ42+スロ62+スハ43+スハ43+スハ43+ナハ11+ナハ11+スハ43+スハフ42+スハネ16+スハフ42

牽引機はEF58でもOKです。

東北線時代 急行津軽

もう一つEF57が似合う列車といえば、東北線時代の急行津軽です。編成表は(3)

EF57+マニ37+マニ36+スロフ62+オロネ10+スハネ16+スハネ16+オハ46+オハ47+オハ46+オハ46+オハフ33

牽引機はEF58と共通運用です。黒磯以北はED71orED75、板谷峠越えはEF71orED78。山形ー青森はDD51です。

おわりに

新製品が出ている中、敢えてこの3003のEF57を買う人は少ないかもしれないが

集電・スローが効き、ディティール面でも悪くない

というこのEF57旧製品。わりとオススメな一台であります。

参照

(1)http://www5a.biglobe.ne.jp/~toyoyasu/ef57.htm

(2)http://www.katomodels.com/product/n/43kei_hakkouda

(3)http://www.katomodels.com/product/n/10kei_tugaru

(4)鉄道ファン1971-7 P13

関連記事

  1. EC

    マイクロエース70系入線 A1190 A1191

    さて本日はマイクロエースの70系入線のご報告をします。記事の情…

  2. DL

    マイクロエース DD51-1 A8502 集電性等々

    さて本日はマイクロエース製のDD51-1の集電性のお話である。…

  3. SL 蒸気機関車

    保有車両紹介 KATO C57 (旧製品)2007

    さて本日は保有している旧製品のKATOのC57について紹介しようと思う…

  4. FC

    河合商会 キ100 KP-121

    さて本日は現在は倒産したNゲージメーカー、河合商会より発売されていた除…

  5. DL

    TOMIX Cタイプディーゼル 徒然&分解方法

    本日は初めて買ったNゲージ、TOMIX Cタイプディーゼルの徒然記と、…

  6. DL

    DD51-3 燃料タンク増設・標準色 入線 A8529

    本日はマイクロエースのDD51-3を購入したので、報告させて頂きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Nゲージ徒然記

    所有車両のメーカー率とカプラーの話
  2. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    Sharp Aquos Sense lite/モトローラ moto g5s 比較…
  3. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    値段の手頃なBluetoothスピーカー JBL GO2 vs Anker So…
  4. 大阪

    スターバックスコーヒー 中之島三井ビル店
  5. 大阪

    スターバックスコーヒー 淀屋橋odona店
PAGE TOP