修理

70系 接点復活剤で修理

さて本日は先日ヤフオクで落としたマイクロエースのお話。

先日購入したマイクロエースの70系は、ヘッドライト・テールライト共に全く点灯せず、

初めは球切れを疑うほどで

ジャンク品といっても過言でなかったと思うが、ヤフオクの注意書きには

美品

の一言が添えられており、ヘッドライト・テールライトのことにはまったく触れられておらず、要はババをつかまされたのであった。

だが、悔いてもしょうがないので

今回の通電不良の原因を考えてみた

通電不良は普通はカーボンが原因であり(後にこのケースはそうでないことが判明するのだが・・・)、その場合特に液体などをつけなくても、綿棒などでこすればカーボンの汚れは取ることができ、接点を復活させることができる。

そこで、70系を分解し、台車をすべて分解して、綿棒でこすってみたのだが、

綿棒は全く真っ白のまま

で、自分の予測は大きくハズれるたのであった。

原因不明のテールライト・ヘッドライトの不点灯

ということで、一時期70系の箱を見るのさえ嫌になり、新品で買いなおそうかとも考えたのだが、ここで窮地を救ったのが

集電性向上剤loco

である。

集電性向上剤locoとは、車輪と線路の間の導通を改善させる液体のことで、車輪に一滴垂らして使うのだが、

locoを70系の車輪に塗布してみると、

ヘッドライト・テールライトが点灯するようになった!

ではないか!

これは儲けたかもしれないと思ったのも束の間、locoは永続的に効くものではなく、後日

ヘッドライト・テールライトが点かなくなっており、

( ノД`)シクシク…

また元通りに戻ってしまったのである。

しかし、今回は

要は車輪と線路の間で接触不良が起きている

ということがはっきりしたのが良かった点である。

車輪の接触を改善すれば良い・・・というところで目に入ってきたのが

接点復活剤

であった。

お気に入りだったマウスが、USB端子の認識ができなくなってしまったことがあり、その際に購入して結局使わなかったものが偶然目に入り、

ダメ元で接点復活剤を使ってみるか・・・

と思った次第であった。

そこでさっそく70系を持ってきて、車輪に接点復活剤を塗って線路に載せてみて確認をしてみた。

1回目はあまり効果が見られなかったが、ダメ元でもう一回接点復活剤を塗って線路に載せてみると・・・

ヘッドライトがちらつきながらも点灯

したである。

これは

ひょっとすると

と思い、接点復活剤を塗っては綿棒で拭き取り・・・を8回ほど繰り返すと、

見事にヘッドライト・テールライトが点灯(復活)

したのであった。

パンパカパーン

( ノД`)(今年で一番嬉しかったことかもしれない)

いやぁ、

壊れていたものが直るって嬉しい

ことですね!

接点復活剤の商品説明には

酸化被膜を除去

とあるので、要は

車輪の表面の酸化被膜が通電を阻害していた

というのが原因であった。

しかし、

KATOの先代の初期ロットのC57(蒸気神サイトによると1983年製)が

37年たっても何事もなかったように動いている

のに対し、マイクロエースの商品は少し経年変化に弱いのでしょうね。

そして自分の整備リストの中に

集電部の酸化被膜を接点復活剤でとる

という新たな知見が得られたのでこれは嬉しい点です。

しかしながら

接点復活剤にも注意点

があり、要は接点復活剤は潤滑油で構成されているため、車輪に塗布すると

台車回りがベタベタ

になってしまうのだ。

これは要反省で、次からは

接点復活剤の液に車輪を漬け込んで

酸化被膜を取れば影響を最小限に出来るかと思うので、この記事を読んだ人はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. 修理

    Nゲージ おすすめのケミカル類

    本日は私が使用している、Nゲージのおすすめのケミカル類をブログの記事に…

  2. 修理

    70系の修理 集電性向上剤 locoを試してみる

    本日は先日購入した70系のヘッドライト・テールライトが不調な事を解決す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Nゲージ徒然記

    Nゲージを売る話 ~リセールバリューは高かった~
  2. Nゲージ徒然記

    20m x 16両のレイアウト(妄想)
  3. 大阪

    スターバックスコーヒー TSUTAYA 香里園店
  4. News

    Samsung Galaxy Fold 世界初折りたたみ式スマホ
  5. 大阪

    スターバックス グランフロント大阪店
PAGE TOP