DL

TOMIX Cタイプディーゼル 徒然&分解方法

本日は初めて買ったNゲージ、TOMIX Cタイプディーゼルの徒然記と、その分解方法について紹介しよう。

分解方法だけを知りたいという人はページの後ろの方をご参照ください。

記事の情報は2020年5月29日の情報です。この記事に書いている分解方法を試してNゲージを壊しても当サイトでは一切責任を負いません。分解はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

Cタイプディーゼル 初めて買ったNゲージ

さて本日は初めて買ったNゲージの話。

あれは小学校6年生の時だったと思う。

鉄道好きだった自分は、ある日偶然Nゲージの本を目にすることとなる。

プラレールしか知らなかった自分にとっては

「こんなにリアルでかっこいいNゲージというものがあるのか!!」

と衝撃を受けたことをよく覚えている。

早速本を借りて読み漁り、その年のクリスマスプレゼントにNゲージが欲しいと親(もうサンタさんではなかった)に伝え、無事にプレゼントをゲットしたのがこいつである。

TOMIX Cタイプディーゼルだ。

これはTOMIXの架空のディーゼル機関車で、Cタイプディーゼルという呼ばれ方をするのだが、当時は実際にこの機関車が存在すると信じていた。

当時のスターターセットの品番が「90131」という品番で、スターターセットの絵には

「DC90131」号機

と描かれており、この機関車は国鉄にあるDC90という試作機だと勝手に信じ込んでいて、よく眺めていた図鑑にはなぜDC90という形式が載っていないことを不思議に思っていたのであった。

そののち、この機関車がTOMIXが作り出したものだということを知り、少し落胆したりしたのであったが、それでもこのCタイプディーゼルを良く走らせていたのを覚えている。

当時としては

自分のお気に入りの機関車

であり、客車を入替するときにはこのCタイプディーゼルを使っていたのをよく思い出す。

それゆえこのCタイプディーゼルに当時としては(今でもだが)高価なマグネマティックカプラーを装備していた。

またあり得ないと当時からわかっていたが、この可愛いCタイプディーゼルに

特急運用

して遊んだこともあった(笑)。

Cタイプディーゼルをブログで記事を書くにあたって、改めてヤフオクで調べてみたのだが、

このオレンジとブラックの警戒色カラーは珍品

なようで、記事執筆時点で見つけることはできなかった。

このCタイプディーゼルを手に入れるには1万円近いスターターセットをはたいて手に入れる必要があり、そのようなことをするマニアが沢山いるとは思えず、流通数が少ないのは納得できる話である。

珍品ということで、今後も大切に取り扱っていきたいものだ。

走行性はこのような3軸機関車ではよくある話で集電関係が少し貧弱なものの、そこそこ良い。小学生のNゲージャーが良くやる

爆速運転

にも見事耐えた歴史もあり、耐久性はそこそこあるようだ(マネしないように)

TOMIX Cタイプディーゼル 分解方法

そういえば中学高校の頃は色々Nゲージを分解して遊んでいた時期でもあったのだが、初めて分解したのもこのTOMIXのCタイプディーゼルだったことをよく覚えている。(昔の記憶だが今でも鮮明に覚えているのは不思議ですね。)

それは線路上に綿ぼこりがあり、Cタイプディーゼルを走らせたときにギアに埃が咬んで、動力不調になったというものだ。

先ほども言ったように、このCタイプディーゼルは自分のお気に入りであり、落胆してしまったのだが、意を決して分解に挑戦してみたら、案外上手くいったというものだ。

Cタイプディーゼル 分解手順は?

当サイトで紹介している分解方法を実践して万一壊されても、当サイトでは一切責任を負いません。分解はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

(1)まずはCタイプディーゼルのボンネットの端(写真では網がある部分)を強くつまみ、爪を外す。

(2)今度は反対側のエンドのボンネットの端を強くつまみ、ボディとシャシを分離させる。

(3)モーターの周りに見えている四か所の爪を外す。

(4)裏返して、車体の端っこに見えているダイキャストにマイナスの精密ドライバーを突っ込んで、テコの要領で上に外せば分解できる。

このCタイプディーゼルは分解が割と容易で、割と分解初心者向きかもしれない。ただし、分解に失敗して万一壊した場合でも、当サイトでは一切責任を負いませんのでくれぐれも自己責任でお願いします。

関連記事

  1. DL

    マイクロエース DD51-1 A8502 集電性等々

    さて本日はマイクロエース製のDD51-1の集電性のお話である。…

  2. DL

    DD51-3 燃料タンク増設・標準色 入線 A8529

    本日はマイクロエースのDD51-3を購入したので、報告させて頂きます。…

  3. SL 蒸気機関車

    保有車両紹介 KATO C57 (旧製品)2007

    さて本日は保有している旧製品のKATOのC57について紹介しようと思う…

  4. FC

    河合商会 キ100 KP-121

    さて本日は現在は倒産したNゲージメーカー、河合商会より発売されていた除…

  5. EC

    マイクロエース70系入線 A1190 A1191

    さて本日はマイクロエースの70系入線のご報告をします。記事の情…

  6. EL

    KATO 旧製品EF57 オススメの一台

    本日はKATOの旧製品品番3003のEF57を紹介しよう。旧製…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. パワーユニット/パワーパック

    TOMIX パワーユニット N500について
  2. 大阪

    スターバックスコーヒー 桜橋プラザビル店
  3. 未分類

    リアフォグランプの有用性について まとめ
  4. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    ASUS Zenfone 5 /Sony Xpeira XZ2 比較まとめ
  5. 大阪

    スターバックスコーヒー 淀屋橋odona店
PAGE TOP