カタログスペックガチンコ比較まとめ

OPPO R17 Pro かなり夜景に強いぞ

本日はOPPO製のスマートホンR17 Proについて紹介。

防水・お財布ケータイには対応していないものの、

夜景にかなり強い

特徴を持つスマートホンである。

OPPO R17 Proスペック一覧

OPPO R17 Proのスペック一覧はこちら。

表OPPO R17 Proスペック一覧

製造 OPPO
名称 R17 Pro
サイズ mm 157.6×74.6×7.9
重量 183
カラー エメラルドグリーン/ミストグラデーション
Android Ver 8.1
OS ColorOS 5.2
CPU Qualcomm Snapdragon710
GPU Adreno 616
バッテリー mAh 3700
RAM GB 6
ストレージ 内蔵ストレージ GB 128
外部ストレージ ×
ディスプレイ サイズ インチ 6.4
タッチスクリーン Multi-touch, Capacitive Screen
ピクセル 2340×1080
カラー 1600万色
画面占有率 91.50%
アウトカメラ1 画素数 1200万画素
絞り値 F1.5/2.4
アウトカメラ2 画素数 2000万画素
絞り値 F2.6
インカメラ 画素数 2500万画素
絞り値 F2.0
周波数 GSM 850/900/1800/1900MHz
WCDMA Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32
TD-LTE Bands 34/38/39/40/41
GPS GPS/A-GPS/GLONASS/Beidou/Galileo
Bluetooth 5
Wi-Fi 周波数 GHZ 5.0/2.4
規格 802.11 a/b/g/n/ac
NFC 搭載するがFelica×

OPPO R17 Pro カメラ

夜景に強いアウトカメラ

F値1.5/光学手ぶれ補正

OPPO R17 ProのカメラはF値が最大1.5と明るいレンズを採用しており、夜景に強い特徴がある。

更には光学手ぶれ補正も搭載しており、夜景の強さにさらに磨きがかかっている点は嬉しい点ですね。

更に更に、センサーサイ・ピクセルサイズも大型のものが採用されており、夜景に特化しているといえよう。

さらには

ウルトラナイトモード

といったソフトウェアの補正も備わっており、夜景に強い特徴のあるOPPO R17 Proですね。

セルフィー向けのインカメラ

インカメラの画素数は

2500万画素

と十分な画素数を備えるOPPO R17 Pro。

さらには

自画像を美形に変えられる

最近のプリクラのような補正を行うこともできる点がユニークな点のOPPO R17 Proである。

OPPO R17 Pro CPU/RAM

OPPO R17 ProのCPUはSnapdragon 710を搭載。

ミドルレンジの性能

である。Antutuの性能は、総合スコア:156404と中の中くらいの性能である。

RAMは6GBとこれも十分であろう。

OPPO R17 Pro 記憶ストレージ

OPPO R17 Proの記憶ストレージは

128GB

と十分な値である。

外部ストレージには対応していない。

OPPO R17 Pro バッテリー

バッテリーは

3700mAh

と十分にあるOPPO R17 Pro。一日は余裕で持つだろう。

さらには

10分で40%チャージできる

といった高速充電にも対応している。

OPPO R17 Pro 指紋認証

指紋認証は

画面の中に内蔵

されている最新技術が投入されている。

OPPO R17 Pro 背面加工

シルキーな肌触り

OPPO R17 Proでは、直接的な性能ではないものの、背面加工がガラスでありながら、

シルクのような手触りで、指紋が気にならない

特殊加工をしているらしい。

OPPO R17 Pro NFC/Felica

OPPO R17 ProはNFCには対応しているものの、おサイフケータイFelicaには未対応となっている点が要注意である。

関連記事

  1. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    OPPO Reno A ちょうどいいのかもしれない

    さて、本日はOPPO製のスマホ「Reno A」について紹介。自…

  2. カタログスペックガチンコ比較まとめ

    値段の手頃なBluetoothスピーカー JBL GO2 vs Anker SoundCore mi…

    さて英会話用に風呂場で英語ラジオが聞きたいという感じの昨今です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Nゲージ徒然記

    Nゲージを売る話 ~リセールバリューは高かった~
  2. Nゲージまとめ

    マイクロエースからマイネ40が再販されるようです
  3. 京阪 撮影地紹介

    京阪 撮影地巡り 下り・上り編 樟葉-牧野 踏切
  4. DL

    マイクロエース DD51-1 A8502 集電性等々
  5. EL

    KATO 旧製品EF57 オススメの一台
PAGE TOP